サーモンの種類

King Salmon
キングサーモン(マスノサケ)

king salmon

Guidance

  • リミット : 62cm以上を1日2匹まで
  • 寿命 : 4〜7年
  • サイズ : 平均6〜14ポンド
  • 釣期 : 1年

カナダ西海岸に生息するサーモンの中では、最大級80ポンドを超すこともある。バンクーバーでは、最大で40ポンド程度である。サーモンの中では最も長生きをする。カナダでは、チヌーク又は、スプリングサーモンなどと呼ぶが、いずれも同種の魚である。小魚を主食とするので鋭い歯があり、ニシンの生き餌でムーチングをすることも過去にはできました。バンクーバー近海では一年中生息しているので、年間を通して釣ることができる。大型のキングは、夏から秋にかけてが良いが、冬から春にかけては、小型ではあるが、数多くのキングがつれる。冬に釣れるキングを別名、ウィンタースプリングと呼ぶ、スポーツフィッシンングとしての醐醍味は、他のサーモンと比較にならない。俗に1ポンド1分と言われ、大きくなれば成る程釣り上げるのに時間がかかる、20~30分のファイトもまれではない。

Coho Salmon
コーホーサーモン(銀ザケ)

acoho

Guidance

  • リミット : 30cm以上の人工孵化を1日2匹まで
  • 寿命 : 3年
  • サイズ : 平均3~8ポンド
  • 釣期 : 5~10月

小魚を主食としているので鋭い歯があり、キングサーモンと同じ釣り方で釣ることができる。最大で20ポンド程度になる。他のサーモンにないスピードでファイトし良くジャンプするので、スポーツフィッシングとしては、最高の醐醍味を味わえる。4~5月に釣れる小型のコーホーをブルーバックといい、6月より型の良いコーホーと呼べる魚になる。産卵をする年の4~9月の5ケ月間の間に急速に成長し、体重も3~4倍に増える。

Sockey Salmon
サッカイサーモン(紅ザケ)

Sockeye salmon

Guidance

  • リミット : 30cm以上を1日4匹まで
  • 寿命 : 4〜5年
  • サイズ : 平均6〜10ポンド
  • 釣期 : 8〜10月

プランクトン、エビを主食とし歯は少ない。職業漁師は、主にサーカイサーモンを捕獲している。味、サイズともに安定して良質なことから、漁師には人気があるが、あまりファイトしないことからスポーツフィッシングとしての人気は少ない。8~9月にかけて大きな群れで河口に集まるので、数多く釣ることができる。いちどに3~4匹かかることも稀ではない。

Pink Salmon
ピンクサーモン(カラフトマス)

apink

Guidance

  • リミット : 30cm以上を1日4匹まで
  • 寿命 : 2年
  • サイズ : 平均4~6ポンド
  • 釣期 : 7~10月

サーモンの仲間では、一番小型で、プランクトンやエビを主食とし歯はない。バンクーバー近海では奇数年に数多く釣れる。サーカイサーモンと同じ時期に河口に来るので、特に奇数年の8~9月バンクーバー近海は、ピンクサーモンとサーカイサーモンで大漁が期待できる。サーカイと同じく、数は釣れるがファイトはあまりない。

Chum Salmon
チャムサーモン(鮭)

acham

Guidance

  • リミット : 30cm以上を1日4匹まで
  • 寿命 : 3~5年
  • サイズ : 平均8~14ポンド
  • 釣期 : 9~11月

北海道に数多く生息する鮭は、この種類である。イクラの粒が大きく良質なことから主にイクラを取るために捕獲される。海でのファイトはなかなかのものであるが、数はあまり釣れない。

Lingcod
リングコッド

fish01

Guidance

  • リミット : バンクーバーアイランドで65cm以上を一日1匹、バンクーバー本土側は禁漁
  • 釣期 : 1年中

バンクーバー近海の海では、岩礁に行けばどこでも釣ることができる。近年数が激減していることから、リミットが厳しくなってしまったが、50cm以下のサイズは数多く釣れる。日本のアイナメと非常に良くにた魚で、良くファイトをするので釣り味も非常に楽しい。ニシンの生き餌を使ったムーチングで釣ることができる。残念ながら、バンクーバー近海では2002年より全面禁猟。大きく育つのに50年以上かかるので保護が必要になってきました。

Rockcod
ロックコッド

fish03

Guidance

  • リミット : 1日1匹、バンクーバーアイランドで本土側は禁猟区域が多い
  • サイズ : 平均20~30cm
  • 釣期 : 1年中

カサゴ、メバルに良く似た魚で、釣りのポイントは、リングコッドと同じ場所でつることができる。サーモン釣りに飽きたときなどの外道として釣られるが、この魚を狙って釣りに出かける人はほとんどいない。